スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

遅れながらの仕事道具更新 IPad Pro

ながながとブログを書く時間と気力がありませんでしたが
ずっと欲しかった念願の仕事道具を手に入れました! それは… iPad Pro 12.9 です! ご存知の方はご存知で、「何をいまさら!?」とか思うかもですが このiPad Pro 12.9インチの発売年は2015年で、2年も前になるものです。 しかしながらさすが使ってみるとその古さを全く感じない期待にしっかり応えてくれるものでした。ちなみに購入したほぼ同時期に新バージョンのiPadProが発売されショックかと思いきや画面フレームレートなどが向上しただけでさほど変わっていませんでした。
今まで使っていたのはN-trigという方式のスタイラスペンが使えるウィンドウズのタブレットを使っていましたがスペック的には問題なかったのですが、やはりペンと画面との距離や描き心地、画面の解像度などかなり不満がありつつも使っていました。
なぜiPadを選んだか。 そもそもiPadProに決める前はかなり調べ悩みました。 ペンが使えるツールとしてポイントとして置いていたのがいくつかあります。
1つはペンの書き心地 2つは画面の大きさ、解像度 3つ目は作業効率(描き始めから最後まで経由の少なさなど)
タブレットPCで絵を描くことのメリットは下書きから清書までをそれだけで完了できることです。 紙に描く正確さは確かにあるのですが、それをスキャナーやカメラでパソコンで取り込みマウスで編集するのは意外に面倒でありました。 さらに僕の絵の描き方にも大きなメリットもあります。実物の紙の上で絵を描くとどうしても修正がしにくいこと、色の調整も描いている段階では変更がききません。しかしタブレット上で描くことによりその描いたときにそれらが調整し確認することができます。 新たな技法に挑戦したり、例えば描いた線をあえて消したり削ったりして実際に紙に描くことのできない表現が可能になりました(分かる人には分かる?細かいことは企業秘密…)
今現在ではとてもよいタブレットがいくつも出てきています。

3つ目の作業効率を考えた上だと Surface ProやSurface BookなどのWindowsタブレットは今まで使っているAdobe製品がそのまま使えるのでとても魅力的でした。




ペンの作りもペン先を変えられたり拡張性もあること、書き心地も紙に近いものです。 しかし1点ネック…

最新の投稿

プロが行うフォトブックサービスを利用したフォトブック作り❷

プロが行うフォトブックサービスを利用したフォトブック作り❶

「ねこのはつもうで」ベストセラー1位続き!なぜでしょう?

電子オタク再開欲

パブリックドメインってなんぞや

amazonランキング い…いい 一位!!!

絵本「ねこのはつもうで」 英語版 ドイツ語版 出版!

Kindle電子出版 最初の絵本の経過報告!

【English】LINE Sticker making 2.Draw, Get images Edit Part.1

【English】1. Get ready to make LINE sticker